• autorautor

偽りの自己 精神分析

細部
作成した 29.08.2021
著者: Kyoko
ビュー: 51

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

フェアバーン です。  フェアバーンは、精神分析学理論の中でも独創的であると言われており、パーソナリティを内的な対象関係の布置として考え、イドから自我を重視し、自我心理学とも対象関係論とも異なる成熟した依存を考えました。 メラニー・クラインの理論  乳児期のおける主な対象は母親ですが、Klein,M(メラニー・クライン)は、発達の初期には母親の一部(乳房)を対象として認識すると考えました。  この対象は、自分の欲求を満たしてくれる、つまり、母乳を与えてくれて暖かく包み込んでくれる、「良い対象」と、そういう欲求を満たしてくれない「悪い対象」の両方のイメージを持つとされます。  そして、「良い対象」には自分の良い部分が投影され(理想化)、「悪い対象」には自分への迫害者とみなし攻撃衝動が投影されると考えます。  この結果、乳児は異なる2つの対象と感情を同時に持つという矛盾を抱えることになり、その矛盾に対して「妄想-分裂」と「抑うつ」という2つのポジションを行き来するとされています。 妄想-分裂ポジション :  悪い対象が良い対象に優ることによって生じる不安を回避するため、投影性同一視や分裂などの原始的防衛機制を用いるという段階です。 抑うつポジション  対象に良い面と悪い面が共存することを認知すると、対象に対して、関心と同時に攻撃衝動を抱くことに対する罪悪感を感じて葛藤が生じる段階です。  上記のようなポジションを行き来しながら感じている葛藤に耐えていることで、次第に良い対象との関係が安定し、愛情が破壊衝動を上回ると、統合が進んでいきます。そして、2~3歳ぐらいまでには「良い対象」と「悪い対象」が全体としての対象に統合され、対象そのものも乳房から母親へと「全体的な対象」に統合されていきます。 対象恒常性:   対象(母親)が全体対象に統合された結果、その場にいなくても、あるいは怒ったりしても、関係(リビドー供給)が維持されることを「 対象恒常性 」といい、正常な母子の分離が可能となるとされます。  対象関係論では、何らかの理由で十分な愛情を受けられないと「良い対象」と「悪い対象」の統合ができず、分裂したままになり、これが境界性人格構造 BPO の原因と考えます。 マーラーの分離個体化理論  マーガレット・マーラー Mahler,M.

ほどよい母親とは、原始的没頭時期がおわり、ほどほどに乳児と接するようになる母親のことです。乳幼児への「適度の世話」によって快適な環境と対象としての恒常性を与えます。ほどよい母親でない場合としては、過度に乳児に没頭しすぎてしまったり、逆に関心をむけられない母親があります。 「 偽りの自己 」とは、母親からのほどよい応答がない場合、幼児は母親のひとりよがりな態度に服従させられ、現実に対して防衛的な敵対構造が形成されることをさします。. 心理学用語集: 対象関係論.

で読むことができます。 こころの探検. 他の精神分析家たちと同様に、 ウィニコットも生まれてから数年間の間に母と子は二人で一つのような状態になります 。 乳児のことを母親から切り離して 独立した存在として語ることはできない、と彼は述べています。両者は目に見えない精神的な結びつきを形成するのです。. ウィニコットは、全ての精神疾患において偽りの自己が優位を占めているのだ、と考えました。 これらの症例では、患者は持っているリソースを全て駆使して偽りの自己を作り出し、それを維持しようとします。患者にとってはこれが、予測がつかず信用の置けない現実世界に直面するための手段なのです。.

エス + 現実自我(自律的自我)+ 超自我. ウィニコットは、母親が人間にとって生まれて初めて経験する「環境」だと考えました。母親こそが、その後の発達の土台となるのです。 したがって、特に生後数ヶ月間は母親が赤ちゃんにとっての全世界となります。 赤ちゃんにとって「世界」と「母親」は事実上同じものを意味するのです。.

Basic Assumption  Basic assumption. Bion,W.

自己 セルフ + 人間的自我+ 親イマーゴ. 母親 精神分析. 母親は子どもにとって鏡のような存在です。子どもは、母が自分を見つめる姿を通して自己を見つめます。彼女を通して自分は人間という生き物なのだ、と学んでいくのです。そして少しずつ赤ちゃんは母親から離れていくので、母親の方もこの変化に適応しなければなりません。子どもは個人としての発達の過程で自発的な身振りを見せ始めます。 それらを母親が受け入れれば、その子は自分が本物の存在だという実感を抱くことができますが、もし拒絶されてしまうと、非現実的な感覚が生まれてしまいます。.

フェアバーン です。  フェアバーンは、精神分析学理論の中でも独創的であると言われており、パーソナリティを内的な対象関係の布置として考え、イドから自我を重視し、自我心理学とも対象関係論とも異なる成熟した依存を考えました。. ここで登場するウィニコットの概念が、「ほどよい母親」という概念です。母親は自発的に、そして心を込めて必要なだけ乳児の世話をし 、我が子が求めることは何でもしてあげようとします。母として完璧というわけではありませんが、赤ちゃんを放置したりせず、だからといって過保護になることもありません。これが 本来の自己 神村学園校歌. また、彼は「ほどよい母親」や「普通の献身的な母親」といった概念も提唱しました。同様に、 「移行対象」などの概念も心理学の様々な学派で採用されています。. 私たちの自己の中にある「偽り」の度合いは様々です。ウィニコットによると、最低限のレベルの「偽り」を持つ子は礼儀正しい態度を取り、ルールや規則に従います。 そして極端に酷い場合が、精神分裂病という、本来の自己が見た目からはわからなくなってしまうくらいまで自分自身が切り離されてしまう精神疾患です。.

ビオンは集団精神療法や精神病者の精神分析を通じて、「Basic Assumption(基底想定)」や精神病・非精神病のパーソナリティなども提唱しました。  Basic assumption 基底想定)とは、無意識な凝集性が働くグループ心性であり、グループの力動を決定づけているとされます。. ドナルド・ウィニコットの偽りの自己に関する理論 1 分.

good enough mother Kohut,H. W         .

「偽りの自己」しか持てない人たち

S : 分離個体化理論 ドナルド・ウィニコット : 原始的没頭, ホールディング, ほどよい母親, 偽りの自己, 移行対象 ウィルフレッド・ビオン (Bion,W. 精神分析学と聞くと、多くの人が、その創設者あるジークムント・フロイトを思い起こすでしょう。しかし、彼のレガシーを継いだ人も何人かいます。その一人が、ジャック・ラカンで、彼の理論では、「小文字の他者」または「対象a」が有名です。 ラカン の 小文字の他者 の概念を学びましょう。. フェアバーン です。  フェアバーンは、精神分析学理論の中でも独創的であると言われており、パーソナリティを内的な対象関係の布置として考え、イドから自我を重視し、自我心理学とも対象関係論とも異なる成熟した依存を考えました。.

Groddeck,G? 20 6.

ウィニコットが考える、母と乳児の関係性

母親は子どもにとって鏡のような存在です。子どもは、母が自分を見つめる姿を通して自己を見つめます。彼女を通して自分は人間という生き物なのだ、と学んでいくのです。そして少しずつ赤ちゃんは母親から離れていくので、母親の方もこの変化に適応しなければなりません。子どもは個人としての発達の過程で自発的な身振りを見せ始めます。 それらを母親が受け入れれば、その子は自分が本物の存在だという実感を抱くことができますが、もし拒絶されてしまうと、非現実的な感覚が生まれてしまいます。. 対象(母親)が全体対象に統合された結果、その場にいなくても、あるいは怒ったりしても、関係(リビドー供給)が維持されることを「 対象恒常性 」といい、正常な母子の分離が可能となるとされます。  対象関係論では、何らかの理由で十分な愛情を受けられないと「良い対象」と「悪い対象」の統合ができず、分裂したままになり、これが境界性人格構造 BPO の原因と考えます。.

好奇心 4つのハグのタイプと科学に基づいた利点. 文化 若々しい高齢者:60歳を超えても人生を謳歌する人々.

  • 好奇心 4つのハグのタイプと科学に基づいた利点.
  • は 「ほどよい母親」good enough mother と表現していますし、合州国の精神分析家 ハインツ・コフートKohut,H.
  • S : 分離個体化理論 ドナルド・ウィニコット : 原始的没頭, ホールディング, ほどよい母親, 偽りの自己, 移行対象 ウィルフレッド・ビオン (Bion,W.
  • ウィニコットは、母親が人間にとって生まれて初めて経験する「環境」だと考えました。母親こそが、その後の発達の土台となるのです。 したがって、特に生後数ヶ月間は母親が赤ちゃんにとっての全世界となります。 赤ちゃんにとって「世界」と「母親」は事実上同じものを意味するのです。.

W        . 1 . 20 6, Mahler,M.

無神論者のフロイトは宗教の構造を語り、宗教的なユングは対話や関係性を語ったといわれています。

は 「ほどよい母親」good enough mother と表現していますし、合州国の精神分析家 ハインツ・コフートKohut,H. は、死に直面するような狭義の心的外傷を 大文字のTの Trauma とし、それに対して、さして目立たなくとも日常的に自尊心を傷つけられたり無力感や劣等感や無価値感を植えつけられたりするような出来事を 小文字のtの trauma と呼んで、後者もまた一定の精神病理の源たり得る、と主張しています。  これらの区別を念頭に置きますと、 PTSD の研究者 ハーマンHerman,J. W(ウィニコット), Fairbairn,W. また、彼は「ほどよい母親」や「普通の献身的な母親」といった概念も提唱しました。同様に、 「移行対象」などの概念も心理学の様々な学派で採用されています。.

20 6.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -偽りの自己 精神分析

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0