コンパスグスタフチャレンジ 亜子「手錠、かけるんですよね…」 女刑事「ああ。規則だからね。」 優しく手錠をかけてやる女刑事、亜子を立たせたあと、椅子に巻いていた縄を解き、先端を掴む。 女刑事「君はこれから留置場に入ってもらう」 亜子「はい…」 取調室から出た後、亜子を歩かせる女刑事。 留置場までたどり着き、牢の錠を開け、腰縄と手錠を外してやる。 女刑事「取調はまだ始まったばかりだ。辛いと思うが少し辛抱してくれ」 亜子「はい…」 亜子を牢の中に入れ、錠を閉める。 亜子は一旦正座し、今日会ったことを思い返す…. 涼子、華々美「大丈夫?」 心配そうに結奈を見る4人。 結奈「だ、大丈夫です…」 体制を直し、車に乗り込む他の女囚たちともに車の中に乗り込み、両脇の席に並んで座る涼子達。 新米刑務官「では、これよりお前たちを民間女子刑務所に護送します」 向かいの席に新米刑務官が座った後、走りだす護送車。 新米刑務官「えっと。お前たちの名前と罪状を教えなさい」 ポケットからペンとメモ帳を取り出す新米刑務官を見て呆気にとられる涼子達。 涼子「え? ここでですか?」 メジャー 薫 華々美に手を向ける新米刑務官。 永雪華々美「永雪華々美よ。罪状はスリ。人斬りでちょっとは有名なんだから」 手帳にメモをする新米刑務官。 新米刑務官「私は名前と罪状を聞いたの。余計なことは答えなくてよろしい」 手錠 小説 新米刑務官「ほら、早く、次」 他3人も次々と名乗り、罪名を告げる。笑顔で結奈を見る華々美。 華々美「結奈ちゃん、っていうんだ。よろしくね!」 恥ずかしそうに顔を背ける結奈。 新米刑務官「こら、そこ。他の女囚が嫌がるようなことしない」 不機嫌そうな態度をとる華々美。 華々美「はーい」." /> 民間女子刑務所物語 逮捕~連行編, 手錠 小説
    • autorautor

手錠 小説

細部
作成した 08.09.2021
著者: Atsushi
ビュー: 237

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

少しして民間女子刑務所の敷地にたどり着く。 都心から少しだけ離れた場所にあり、敷地の面積に対して、建物が小さく、まだ建設途中のように見える。 護送車から降ろされ、数珠つなぎのまま、刑務所の中まで歩かされる涼子達。 刑務所の中ではスーツを着た美しい女が待ち受けていた。この刑務所の最高責任者である。 挑発的なポーズをとる最高責任者の前に横一列に並ばされる涼子達。 責任者「ようこそ。犯罪者ども。私はこの刑務所の最高責任者よ。お前たちに名乗る名前は持ち合わせてないけどね」 新米刑務官「早速ですが、あなた達の名前と罪状を教えてください」 呆気にとられた表情を見せる涼子。 涼子「え? ここで聞くんですか?」 新米刑務官「うちの責任者に言われたんです。早く罪を償えるように出来ることは早くにやっておけって、じゃあ、そちらの女の子から」 胸ポケットからペンとメモ帳を取り出し、華々美の方を見る新米刑務官。 華々美「永雪華々美よ、罪状は窃盗。人斬りでちょっとは名が知られてるんだから」 新米刑務官「永雪華々美さん…罪状は窃盗、と。では次の方」 涼子「門原涼子です。罪状は殺人未遂」 涼子を見て驚き、距離を取ろうとする華々美。 華々美「怖! 何々? 男女関係のもつれ? ねぇ、もつれ?」 涼子「うるさいわねぇ」 メモをとる新米刑務官。 新米刑務官「門原涼子さん…罪状は殺人未遂…」 新米刑務官を見て引き気味の表情を見せる華々美。 華々美「え?」.

青沢亜子編:取調の章 護送車から最後に降ろされる亜子。 他の罪人たちの後ろをついて歩き、部屋まで連行される。 中には縄のついた手錠が用意されている。 女刑事「いったん手錠を外すから、両手を前に出すんだ」 おとなしく手錠をかけられた両手を差し出し、手錠を外してもらう亜子。 女刑事「そのままの姿勢で少し待つんだ」 用意されていた手錠を亜子の両手にかける。 再びかけられた手錠と新たに巻かれた腰縄に更なる屈辱を覚える亜子と素早く腰に縄を巻いていく女刑事。 女刑事「さぁ、行こうか」 縄の端を手に取り、亜子を取調室まで歩かせる女刑事。 取調室の中には夏姫が待ち構えていた。 取調室の机の前に座らせられ、縄の端を椅子に結わえる亜子。 夏姫「あなたたちの取調を担当する黒石よ、よろしく」 夏姫に軽くお辞儀をした後、おもむろに両手にかかった手錠を強調するように見せる。 亜子「あの、私、逃げたりしません。手錠を外して下さい」 夏姫「分かったわ。ただし縄はつけたままよ」 亜子「ありがとうございます…」 女刑事「両手をこちらに」 女刑事の方を向いた亜子の手錠を外してやる女刑事。.

女の逮捕シーンまとめwiki CSwiki.

青沢亜子編:連行の章 廊下を歩かされる亜子。 手錠をかけられた両手を必死に見せまいとする亜子をある者は好奇、ある者は侮蔑、ある者は哀れみの目で見る社員たち。 亜子「いや…見ないで…」 女刑事「ふん。裸体を見せるのはよくて、手錠姿を見せるのは嫌か。実に変態らしい」 女刑事を振り払い、目の前に立ちふさがる亜子。 亜子「違います! 男の人と寝るのが大好きなだけです! 決して変態なんかじゃないです!」 女刑事「ふん。見知らぬ無数の男と交わるなど、変態のすることだ。ほら、さっさと歩くんだ」 亜子の肩をつかみ、再び無理やり歩かせる女刑事。 外に出され、大勢の野次馬の視線を浴びながら止めてあったワンボックスカーに乗せられる亜子。 一番後ろの席に女刑事と共に座り、短いスカート丈の事務服から覗かせる膝の上に手錠の掛かった両手を乗せる。 亜子「あの…何をしてるんですか、早く連行してください」 女刑事「うるさいぞ、犯罪者。後4人ほど来るから少し待つんだ」 亜子「そんな…こんな恥ずかしい恰好で…」.

警察署の中から数珠つなぎにされた涼子と華々美が現れる。 縄の先を新米刑務官に持たれ、車に乗せられ、並んで椅子に座る二人。 新米刑務官も二人がよく見えるように向かいの席に座る。 新米刑務官「じゃあ、」. レンタルwikiサービス by CSwiki PukiWiki 1. License is GPL. 青沢亜子編:護送の章 街中を走る護送車の中… 手錠をかけられた両手を膝の上に乗せ、落ち着きない様子を見せる亜子。 婦警「何をそわそわしているの!?」 亜子「す、すみません…」 双子 妊婦 5ヶ月 お腹 亜子「やだ…私ったら一体何を…」 婦警「一人でぶつぶつうるさいわよ、犯罪者」 再び婦警に謝る亜子。 亜子「す、すみません…」 ~ 検察までたどり着き、車から降ろされる亜子。 ネフなる 途中、自分と同じ格好で歩かされる若く美しい女と何度かすれ違い、そのたびに足を止めてしまう亜子。 婦警「何をしているの? あなた、さっきから様子が変よ?」 亜子「す、すみません…」 少しして検事室まで連れてこられる亜子。 検事室に入りお辞儀をし、手錠を外してもらうために両手を構える。 手錠を外され、不敵な笑みを浮かべる女検事の前に座らせられ、婦警も腰縄を持って亜子の後ろに座る。.

330 … 3…… 3… ……. ……    … 4 ……. … … 手錠 小説  .   …     …… イアムス小岩. … … …… …   … .

  • 女の逮捕シーンまとめwiki CSwiki.
  • 青沢亜子編:服役の章 判決から一月たったある日…亜子は特殊懲罰を受けていた。 特殊懲罰とは民間企業が作った女子刑務所内での更生プログラムのことで、おもに亜子のよう若く美しい女に対してのみ科せられる。 就寝時と病床時以外は手錠をつけられたまま生活することと、その生活を一般人に晒すことを強制される。 罪を犯した女を辱めることで再犯を防止し、少子化対策の一手とすることが表向きの目的となっている。 大半の女囚は羞恥に耐えきれず、普通の女子刑務所に送られることを望んだが、もとより更生の意思が強かった亜子にとっては逆に都合のよいことであった… 刑務官「経過は順調のようね、亜子ちゃん」 亜子「はい!」 満面の笑みで受け答えする亜子。彼女の出所は近そうである…. 青沢亜子編:取調の章 護送車から最後に降ろされる亜子。 他の罪人たちの後ろをついて歩き、部屋まで連行される。 中には縄のついた手錠が用意されている。 女刑事「いったん手錠を外すから、両手を前に出すんだ」 おとなしく手錠をかけられた両手を差し出し、手錠を外してもらう亜子。 女刑事「そのままの姿勢で少し待つんだ」 用意されていた手錠を亜子の両手にかける。 再びかけられた手錠と新たに巻かれた腰縄に更なる屈辱を覚える亜子と素早く腰に縄を巻いていく女刑事。 女刑事「さぁ、行こうか」 縄の端を手に取り、亜子を取調室まで歩かせる女刑事。 取調室の中には夏姫が待ち構えていた。 取調室の机の前に座らせられ、縄の端を椅子に結わえる亜子。 夏姫「あなたたちの取調を担当する黒石よ、よろしく」 夏姫に軽くお辞儀をした後、おもむろに両手にかかった手錠を強調するように見せる。 亜子「あの、私、逃げたりしません。手錠を外して下さい」 夏姫「分かったわ。ただし縄はつけたままよ」 亜子「ありがとうございます…」 女刑事「両手をこちらに」 女刑事の方を向いた亜子の手錠を外してやる女刑事。.

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

少しして民間女子刑務所の敷地にたどり着く。 都心から少しだけ離れた場所にあり、敷地の面積に対して、建物が小さく、まだ建設途中のように見える。 護送車から降ろされ、数珠つなぎのまま、刑務所の中まで歩かされる涼子達。 刑務所の中ではスーツを着た美しい女が待ち受けていた。この刑務所の最高責任者である。 挑発的なポーズをとる最高責任者の前に横一列に並ばされる涼子達。 責任者「ようこそ。犯罪者ども。私はこの刑務所の最高責任者よ。お前たちに名乗る名前は持ち合わせてないけどね」 新米刑務官「早速ですが、あなた達の名前と罪状を教えてください」 呆気にとられた表情を見せる涼子。 涼子「え? ここで聞くんですか?」 新米刑務官「うちの責任者に言われたんです。早く罪を償えるように出来ることは早くにやっておけって、じゃあ、そちらの女の子から」 胸ポケットからペンとメモ帳を取り出し、華々美の方を見る新米刑務官。 華々美「永雪華々美よ、罪状は窃盗。人斬りでちょっとは名が知られてるんだから」 新米刑務官「永雪華々美さん…罪状は窃盗、と。では次の方」 涼子「門原涼子です。罪状は殺人未遂」 涼子を見て驚き、距離を取ろうとする華々美。 華々美「怖! 何々? 男女関係のもつれ? ねぇ、もつれ?」 涼子「うるさいわねぇ」 メモをとる新米刑務官。 新米刑務官「門原涼子さん…罪状は殺人未遂…」 新米刑務官を見て引き気味の表情を見せる華々美。 華々美「え?」.

青沢亜子編:護送の章 街中を走る護送車の中… 手錠をかけられた両手を膝の上に乗せ、落ち着きない様子を見せる亜子。 婦警「何をそわそわしているの!?」 亜子「す、すみません…」 両手を持ちあげ、婦警に向けて謝るしぐさをする亜子。 亜子「やだ…私ったら一体何を…」 婦警「一人でぶつぶつうるさいわよ、犯罪者」 再び婦警に謝る亜子。 亜子「す、すみません…」 ~ 検察までたどり着き、車から降ろされる亜子。 婦警に腰縄を持たれ、検察に入り、手錠をかけられた両手を前にした状態で廊下を歩かされる。 途中、自分と同じ格好で歩かされる若く美しい女と何度かすれ違い、そのたびに足を止めてしまう亜子。 婦警「何をしているの? あなた、さっきから様子が変よ?」 亜子「す、すみません…」 少しして検事室まで連れてこられる亜子。 検事室に入りお辞儀をし、手錠を外してもらうために両手を構える。 手錠を外され、不敵な笑みを浮かべる女検事の前に座らせられ、婦警も腰縄を持って亜子の後ろに座る。.

Based on 生きてても楽しくない 高校生 1. 高級マンション… 白いブラウスとひざ丈のタイトスカートに身を包み、バッグを抱えた若く美しい女がそのうちの一室に訪れる。 女の名は門原涼子。最愛の夫を何者かに殺され、幼い子供たちを女手一つで育てる26歳のシングルマザーだ。 インターホンを鳴らすと中から化粧の濃い女が出てくる。涼子の夫の上司である紋寺鉄子、自称28歳(実年齢38歳)。 鉄子「あら、あなたは…」 おもむろにバッグから果物ナイフを取り出し、鉄子に向ける涼子。 驚く鉄子。 鉄子「な、何を!」 涼子「死にたくなければ言うことを聞くことね!」 怯えた表情で両手を上げる鉄子。 鉄子「わ、分かったわ…何をすればいいの?」 涼子「あなたが私の夫を殺した方法を警察に話すの。さぁ、早く電話をかけて」 部屋の中に鉄子と共に入っていく涼子。 ~ 手錠をかけられた鉄子が婦警に連行されていく。涼子の夫を殺した罪で逮捕されたのだ。 婦警「あの女を疑ってたけど、まさか本当に犯人だったとはね…とにかく、犯人逮捕にご協力、感謝します」 涼子にお辞儀をする婦警。 謙遜する涼子。 涼子「あ、いえ、そんな…」 婦警「でも、あなたも犯罪者だから逮捕させてもらうわね。両手を前に出しなさい」 あわてて婦警に拳を握った両手を差し出す涼子。 涼子「こう…ですか?」 手錠をポケットから取り出し、涼子の左手を掴む婦警。 婦警「あなたを殺人未遂と銃刀法違反の容疑で現行犯逮捕します」 涼子の左手に手錠の輪をはめた後、素早く右手にも同じように輪をはめる婦警。 手錠によって自由を奪われた両腕を眺め、己の犯した罪の大きさを悔いる涼子。.

License is GPL. 警察署の中から数珠つなぎにされた涼子と華々美が現れる。 縄の先を新米刑務官に持たれ、車に乗せられ、並んで椅子に座る二人。 新米刑務官も二人がよく見えるように向かいの席に座る。 新米刑務官「じゃあ、」.

… … …. License is GPL. 大日本帝国陸軍大将 … 3…… 3… ……? wiki by CSwiki PukiWiki 1. wiki CSwiki.

【まふそら】アイシテル【Rー18】

青沢亜子編:送検の章 警察署から逮捕された時の事務服姿で手錠腰縄をつけられ、すっかりとやつれた様子の亜子が出てくる。 婦警に縄を取られ、ワンボックスの護送車まで歩かされる。 護送車の前には亜子を逮捕した女刑事が待っていた。 思わず足を止めてしまう亜子。 亜子「あ…刑事さん…」 婦警「さっさと乗りなさい!」 女刑事「いや、少し待ってくれ」 思わず一歩下がる婦警。 女刑事「調子は大丈夫か?」 亜子「はい。どうにか…」 女刑事「まだ先は長いが…しっかりお勤めを果たすんだ」 亜子「はい…」 軽くうなずき、婦警の手によって護送車に乗せられる亜子。. 警察署の中から数珠つなぎにされた涼子と華々美が現れる。 縄の先を新米刑務官に持たれ、車に乗せられ、並んで椅子に座る二人。 新米刑務官も二人がよく見えるように向かいの席に座る。 新米刑務官「じゃあ、」.

女の逮捕シーンまとめwiki CSwiki. 青沢亜子編:留置の章 夏姫「よし、これで今日の取調は終わりよ。今日はもう休みなさい」 亜子の取調が終わり、立ち上がる女刑事。 眼鏡を取り、涙をぬぐった後、両手を差し出す亜子。 亜子「手錠、かけるんですよね…」 女刑事「ああ。規則だからね。」 優しく手錠をかけてやる女刑事、亜子を立たせたあと、椅子に巻いていた縄を解き、先端を掴む。 女刑事「君はこれから留置場に入ってもらう」 亜子「はい…」 取調室から出た後、亜子を歩かせる女刑事。 留置場までたどり着き、牢の錠を開け、腰縄と手錠を外してやる。 女刑事「取調はまだ始まったばかりだ。辛いと思うが少し辛抱してくれ」 亜子「はい…」 亜子を牢の中に入れ、錠を閉める。 亜子は一旦正座し、今日会ったことを思い返す….

… … 手錠 小説  . License is GPL. 洒落にならない怖い話 リョウメンスクナ …   3. 2 ……. … 26 2838 … … … … … .

みんなのつぶやき作品

部屋から婦警と涼子が出てくる。 涼子の両手はへその前で揃えられており、自身が手錠をかけられている罪人であることを強調している。 本当は姿勢を崩したいのだが、崩そうとするたびに婦警に注意され、思わず戻してしまうのであった。 途中、何度か住人に自由を奪われたその姿を見られながらも、何とかマンションの前に止められていたパトカーに乗せられる涼子。 婦警「両手をこっちに出して」 言われたとおりに手錠のかけられた両手を差し出す涼子。 手錠を少しだけ緩めたやる婦警。 涼子「ありがとうございます」 婦警「うるさいわよ、犯罪者」 走りだすパトカー。 犯罪者として手錠をかけられた瞬間から、厳しさをあらわにする婦警への恐怖から目に涙を浮かべる涼子。 思わず顔を下に向けるも、緩められても尚、己の両手を奪い続ける手錠が目に入ってしまい、ついに涙をこぼしてしまう。 婦警「あ、ごめんなさい…」 ハンカチを取り出し、涼子の涙をぬぐった後、ハンカチで手錠を隠してやる婦警。 婦警「本当はいけない規則なんだけど…」 お礼を言うようにうなづく涼子。 涼子「ありがとうございます…」 婦警「う、うるさい! こんなことでお礼を言うなんて呆れた変態ね!」.

部屋から婦警と涼子が出てくる。 涼子の両手はへその前で揃えられており、自身が手錠をかけられている罪人であることを強調している。 本当は姿勢を崩したいのだが、崩そうとするたびに婦警に注意され、思わず戻してしまうのであった。 途中、何度か住人に自由を奪われたその姿を見られながらも、何とかマンションの前に止められていたパトカーに乗せられる涼子。 婦警「両手をこっちに出して」 言われたとおりに手錠のかけられた両手を差し出す涼子。 手錠を少しだけ緩めたやる婦警。 涼子「ありがとうございます」 飛天御剣流 奥義 走りだすパトカー。 犯罪者として手錠をかけられた瞬間から、厳しさをあらわにする婦警への恐怖から目に涙を浮かべる涼子。 思わず顔を下に向けるも、緩められても尚、己の両手を奪い続ける手錠が目に入ってしまい、ついに涙をこぼしてしまう。 婦警「あ、ごめんなさい…」 ハンカチを取り出し、涼子の涙をぬぐった後、ハンカチで手錠を隠してやる婦警。 婦警「本当はいけない規則なんだけど…」 お礼を言うようにうなづく涼子。 涼子「ありがとうございます…」 婦警「う、うるさい! こんなことでお礼を言うなんて呆れた変態ね!」.

女の逮捕シーンまとめwiki CSwiki. 警察署の中から数珠つなぎにされた涼子と華々美が現れる。 縄の先を新米刑務官に持たれ、車に乗せられ、並んで椅子に座る二人。 新米刑務官も二人がよく見えるように向かいの席に座る。 新米刑務官「じゃあ、」. License is GPL. 青沢亜子編:送検の章 警察署から逮捕された時の事務服姿で手錠腰縄をつけられ、すっかりとやつれた様子の亜子が出てくる。 婦警に縄を取られ、ワンボックスの護送車まで歩かされる。 護送車の前には亜子を逮捕した女刑事が待っていた。 思わず足を止めてしまう亜子。 亜子「あ…刑事さん…」 婦警「さっさと乗りなさい!」 女刑事「いや、少し待ってくれ」 思わず一歩下がる婦警。 女刑事「調子は大丈夫か?」 亜子「はい。どうにか…」 女刑事「まだ先は長いが…しっかりお勤めを果たすんだ」 亜子「はい…」 軽くうなずき、婦警の手によって護送車に乗せられる亜子。.

…     ……. … 26 2838 … … … … …. 4 …   3. 手錠 小説 …   3. wiki by 白西米 PukiWiki 1. wiki CSwiki. wiki CSwiki!

枕営業から逃げられない

Based on "PukiWiki" 1. License is GPL. 青沢亜子編:留置の章 本当に当たる占い完全無料生年月日 亜子の取調が終わり、立ち上がる女刑事。 眼鏡を取り、涙をぬぐった後、両手を差し出す亜子。 亜子「手錠、かけるんですよね…」 女刑事「ああ。規則だからね。」 優しく手錠をかけてやる女刑事、亜子を立たせたあと、椅子に巻いていた縄を解き、先端を掴む。 女刑事「君はこれから留置場に入ってもらう」 亜子「はい…」 取調室から出た後、亜子を歩かせる女刑事。 留置場までたどり着き、牢の錠を開け、腰縄と手錠を外してやる。 女刑事「取調はまだ始まったばかりだ。辛いと思うが少し辛抱してくれ」 亜子「はい…」 亜子を牢の中に入れ、錠を閉める。 亜子は一旦正座し、今日会ったことを思い返す…. 青沢亜子編:連行の章 廊下を歩かされる亜子。 手錠をかけられた両手を必死に見せまいとする亜子をある者は好奇、ある者は侮蔑、ある者は哀れみの目で見る社員たち。 亜子「いや…見ないで…」 女刑事「ふん。裸体を見せるのはよくて、手錠姿を見せるのは嫌か。実に変態らしい」 女刑事を振り払い、目の前に立ちふさがる亜子。 亜子「違います! 男の人と寝るのが大好きなだけです! 決して変態なんかじゃないです!」 女刑事「ふん。見知らぬ無数の男と交わるなど、変態のすることだ。ほら、さっさと歩くんだ」 亜子の肩をつかみ、再び無理やり歩かせる女刑事。 外に出され、大勢の野次馬の視線を浴びながら止めてあったワンボックスカーに乗せられる亜子。 一番後ろの席に女刑事と共に座り、短いスカート丈の事務服から覗かせる膝の上に手錠の掛かった両手を乗せる。 亜子「あの…何をしてるんですか、早く連行してください」 女刑事「うるさいぞ、犯罪者。後4人ほど来るから少し待つんだ」 亜子「そんな…こんな恥ずかしい恰好で…」.

wiki by CSwiki PukiWiki 1. wiki CSwiki. 330 … 3…… 3… …….



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -手錠 小説

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      09.09.2021 20:06 Yoshiko:
      青沢亜子編:留置の章 夏姫「よし、これで今日の取調は終わりよ。今日はもう休みなさい」 亜子の取調が終わり、立ち上がる女刑事。 眼鏡を取り、涙をぬぐった後、両手を差し出す亜子。 亜子「手錠、かけるんですよね…」 女刑事「ああ。規則だからね。」 優しく手錠をかけてやる女刑事、亜子を立たせたあと、椅子に巻いていた縄を解き、先端を掴む。 女刑事「君はこれから留置場に入ってもらう」 亜子「はい…」 取調室から出た後、亜子を歩かせる女刑事。 留置場までたどり着き、牢の錠を開け、腰縄と手錠を外してやる。 女刑事「取調はまだ始まったばかりだ。辛いと思うが少し辛抱してくれ」 亜子「はい…」 亜子を牢の中に入れ、錠を閉める。 亜子は一旦正座し、今日会ったことを思い返す….

      10.09.2021 21:03 Genki:
      女の逮捕シーンまとめwiki CSwiki. 青沢亜子編:逮捕の章 3階、人事課オフィス。 資料をにらみつけるように見ている社員たちの静寂を破るように勢い良く入ってくる刑事たち。 一斉に刑事たちの方を見る社員たち。課長らしき男が立ちふさがる。 課長「なんだ、君たちは!」 刑事「警察だ! 全員そこを動くな!」 一人の眼鏡をかけたOLに近づく女刑事。 OLの名は青沢亜子22歳。 この課に所属する東大卒の新入社員。 刑事の方に顔を向ける亜子。 女刑事「青沢亜子、だな。売春の容疑で君に逮捕状が出ている。署まで御同行願おう」 逮捕状を亜子に見せた後、おもむろに手錠を取り出す女刑事。 亜子「あの…手錠だけは…」 女刑事「おや、手錠をかけられるのは慣れているはずでは? どの道、規則だからかけさせてもらうけどね」 観念したように両手を揃える亜子。 女刑事「13時28分、売春の容疑で逮捕する」 女刑事の言葉とともに彼女の両手が罪人の証である手錠によって自由を奪われる。 手錠を見つめ、涙をこぼす亜子。 亜子「男の人と寝ることの何がいけないんですか」  きっと女刑事を睨みつける亜子。 亜子「満足させてお金をもらうことの何がいけないんですか! 女刑事「うるさいぞ! 犯罪者! さっさと歩くんだ!」 背中を押し、亜子を連行する女刑事。.

    ????

    ???